キーワードを調べる

キーワード選定にはOMUSUBI(むすび)がおすすめです。

まずはOMUSUBI(おむすび)を見てみてください。

 

画面を見ると分かる通り、マインドマップ?と思った人もいるのではないですか?

 

私はマインドマップだと思いました。このOMUSUBIはマインドマップのように特定のキーワードを入力すると表示されるメインのキーワードの周りにサブキーワードを表示させて、そのm割に枝分かれして、関連したキーワードが表示されています。

 

OMUSUBI(おむすび)

 

サイトの作成時にはタイトルやサイトの内容を決めたり、サイトの内容をメインのキーワードを盛り込んだ内容にしたりすることでSEOを意識して文章を書いたりコンテンツを盛り込んだりして私はサイトを作成しています。

 

そしてビックキーワードの次にサブキーワードを検索数などを見ながら選定したりします。

 

動画でもブログでも、サイトであれ、世の中の人がスマホやPCから何かの理由で検索をするときには頭にイメージしている「キーワード」を入力して探していると思います。

 

その逆にアフィリエイトを行っている人もWEBで集客をしてアクセスを呼び込み、おれが何らかの方法によりアクセスを呼び込む場所がお金に変えることができるのだと私は考えています。

 

その集客をするときにサイトのコンテンツに呼び込みたい人たちを特定の狙ったキーワードで集客を行うわけですが、SEOはあくまで検索側のルールであり、数学の数式で得答えのように100%の答えというものはありません。

 

以前に毎月7桁の収入のあるアフィリエイトをしている人のブログ読んでいて、サイトの作成の手順にキーワードの選定には何日も掛けているのだと言っていましたが、言っていることは正論でそのとおりだと思います。

 

サイトの作成前にキーワードの選定はサイト作りの一番重要な設計図だと思います。

 

このOMUSUBIは検索ボリュームは表示されませんが、中心にメインのキーワードがあり、その次に大きな枝の根元に2個めのキーワード、そしてそれから枝分かれして3個めのキーワードが複数表示されています。

 

このOMUSUBIのいいところはマインドマップと同様に一つのキーワードに対して次の2個めのキーワードに関連した3個目のキーワード郡が集まっているので、一覧で表示されている複合キーワード郡よりも視覚でわかりやすい表示なので、サイトのキーワード選定の時のターゲットがわかりやすいと思います。

 

どのみち私のレベルではキーワード一個の「ビックキーワード」での検索で1位になれるスキルは持ち合わせてもいないですし、今の時代は下手にSEOのスキルが高すぎる人は作為的に検索上位にサイトを押す上げるという行為を繰り返すと、グーグル側が機械的にか、手作業による行為で、圏外に飛ばされるリスクが付きまといます。

 

ですから、例えば「アフィリエイト」+「初心者」+「おすすめ」などのように複合キーワードのターゲットによるコンテンツの作成を心がけてサイトの作成をしています。

 

どんなに単一のビックキーワードでの上位表示を作為的に狙うことができる人であっても、1ページのサイトの中に例えば「ダイエット」というキーワードでの上位表示を狙う場合でも、1ページあたりに文字数が2000文字のコンテンツを書いたときに、すべての文字が「ダイエット」だけのはずはないはずである。

 

ダイエットに関する何らかの内容と文章などが書かれているはずである。

 

つまりビックキーワードを狙う場合でも、その単一のキーワードに関連したセカンドキーワードやサードキーワードなどを使用した情報の記事を書くはずです。

 

その場合、このOMUSUBIの使い方として、

 

1、アフィリエイト+やりかた
         +スマホ
         +本
         +ブログ
         +まとめ

 

2、アフィリエイト+ブログ
3,アフィリエイト+初心者
4,アフィリエイト+英語

 

最初からOMUSUBIを見るとそれぞれのキーワード郡に整理されているので見た目で全体のキーワードのイメージ確認できるはずです。
これを見るとサイトのコンテンツを書くときにどのキーワード郡が自分の作りたいサイトの内容にあっているかを調べて、あとはそのキーワード群の単語を意識した内容を書くことで今までの時間よりは軽減されるはずです。

 

ただし、無理やり、すべてのキーワード群のキーワードを入れて記事を書くのではなく、あくまで内容がマッチしていて意味のある記事であることと、受け手側のサイトを訪問して見に来てくれた人が読んで意味のある内容であることが一番だと思います。